気持ちいいサービス、
おいしい料理、
くつろぎの空間を。

concept-bg

わたしたちは地域のみなさまに 愛されるお店づくりを目指し、
店舗=地域という関係づくりを大切にしながら、
京都と言えば、創作和食料理と言えば栞屋、
みなさまからそう思っていただけるように、
気持ちいいサービス、おいしい料理、
くつろげる楽しい空間のご提供に努めてきました。これからもその想いを大切にしながら、
たくさんの地域で愛され、世界中から様々な人が集まり、
より多くの人とのつながりが生まれる、
たくさんのコミュニケーションが生まれる。
そんなお店づくりを目指していきます。

Filosophy理念

仲間の幸せを通して人の喜びに貢献する集団たれ

お客様の幸せを通して仲間の喜びに貢献する集団たれ

 

栞屋グループは、理念でもある働く仲間の「想い」を大事にし、飲食業界の枠にとらわれず、
働き方や職種等、イメージを変えていきたいと考えています。
この理念と次の3つの基本姿勢を常に頭に置きながらスタッフ一丸となって取り組んでいます。

 

  • 1

    人間力の追求

    私たちは、常に仲間を思いやり、行動します。
    私たちは、自己研鑽し、感性を磨き続けます。
    私たちは、目標達成のためにチームとして力を最大限に発揮します。

  • 2

    社会性の追求

    私たちは、笑顔と感動を与える店作りをします。
    私たちは、お客様のニーズをとらえ、「期待以上のサービス」を提供します。
    私たちは、「旬の素材を使った美味しい料理」を提供します。
    私たちは、「衛生管理の徹底した安心・安全な空間」を提供します。

  • 3

    経済性の追求

    私たちは、利益を追求し、安心して働ける会社を作ります。
    私たちは、予算を達成することで、仲間の生活、仲間の未来を守ります。

     

私たちが人間力・社会性を追求することは経済性の追求へとつながり、
私たちを豊かにし、仲間やお客様への思いやりある行動へとつながります。

Messageごあいさつ

代表取締役 長谷川 克明

1988年、栞屋は大阪府枚方市の15坪、28席の小さな料理屋から始まりました。
小さいながらもそこには「飲食業もファッションであるべき」「料理、接客、感性、そのすべてが粋でなければならない」という思いが溢れていました。夢への想い、信念が今の「栞屋」を創っていったのです。時代のニーズを読みながら進化し続けてきた栞屋。その中でも一貫して大切にしてきたのは人への想いです。慌ただしい日常から解放され、ふっと肩の力を抜ける寛ぎの時間や空間を提供したい、旬の素材を使った美味しい料理をお客様に食べていただきたい。そんな想いは今も昔もそしてこれからもずっと変わりません。これからもスタッフ一丸となって、料理、接客、感性を磨き、お客様をはじめ、栞屋に関わる方、地域の皆様に幸せを提供していきたいと考えております。

Outline会社概要

会社名 (株)chicfeel(栞屋グループ)
本社所在地 〒612-8054 京都府京都市伏見区御堂前町621
設立 1988年9月9日
代表者 代表取締役 長谷川 克明
資本金 300万円
従業員 約140名(正社員:40名、アルバイト:約100名)
平均年齢:31歳
売上高 10億円(2019年)
事業内容 外食事業/12店舗の運営(2021年4月現在)

History沿革

1988年9月 栞屋の前身・四季彩(大阪府枚方市樟葉)オープン
1998年4月 Foods bar栞屋(京都市伏見区)オープン
2002年12月 栞屋(京都市下京区)オープン
2006年12月 ぎゃらりぃ栞屋(京都市下京区)オープン
2008年10月 ちょいと。栞屋(京都市山科区)オープン
2009年10月 御肴凸鉾(京都市下京区)オープン
2010年6月 御肴ずっころばし(京都市南区)オープン
2012年11月 御肴かわせみ(滋賀県大津市)オープン
2014年5月 Wine蔵しおり(京都市下京区)オープン
2015年9月 栞屋さらさら(京都市下京区)オープン
2015年11月 四季彩しをり(京都市下京区)オープン
2016年5月 石窯Rossa Shioriya(滋賀県大津市)オープン
2017年4月 テストキッチン「栞屋LAB」(京都市伏見区)オープン
2018 年11月 シオリヤ太陽族(京都市下京区)オープン